旅行カタログギフト…素敵な贈り物…お勧めはコレです!

満足することができる旅行カタログギフトをご紹介!

こんにちは、最新の “トレンド情報” を、いち早くお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今日は是非皆さんにもお勧めしたい、旅行カタログギフトをご紹介したいと思います。

旅行カタログギフトをご検討中の方は、どうぞ参考にして下さい。

★☆★ プレゼントとして旅行カタログギフトが選ばれる理由! ★☆★

ご婚礼の際や、敬老の日・お祝い事の日など、さまざまなシーンでプレゼント・贈り物に使用されているカタログギフト。

定番のお皿やコーヒーカップ、ワイングラスやお酒・コーヒーなどを贈るのも良いですが、それすらも個人によっては不要なものであったりする可能性も否めません。

そんな中、昨今カタログギフトが人気の理由としては、お好きな商品を選ぶことができるという点が挙げられるでしょう。

数ある製品の中から、好きなもの・サービスを選んで、自宅に届けてもらうことができる点も相まって、わざわざ重い引き出物を持ち帰らなくても良い、と人気が高まっています。

そんな中、カタログギフトには様々なプレゼントが詰まっています。

定番のキッチングッズや生活雑貨、インテリア・アクセサリーなどの他に、アロマや食品、食べ放題サービスやバイキングなどのサービス、エステや美容・スパなどのサービスも。

そして、近年注目されているのが体験型ギフトで、その主流「旅行」ではないでしょうか。

全国各地の温泉地や名所・観光地などを選べるプランが人気となっています。


旅行カタログギフトに旅行プランが採用されている理由として、旅行券のような、具体的な金額が示されていないことにあります。

お世話になった方や、ご両親・ご家族にプレゼントする際、具体的な金額が分かると遠慮されたり気を使われてしまうことも多々あることでしょう。

しかし旅行カタログギフトではプランの内容や場所の詳細は記されていますが、金額は記載されていません。

ですので、そういった贈り物に最適であるカタログギフトの特性を活かしきったサービスと言えるでしょう。

また、どこに行こうか悩んでいるうちに、その存在が忘れ去られやすい旅行券などとは違い、旅行カタログギフトには使用期限があります。

そのため、行かずに使用期限が切れてしまったらもったいない、という心理が働き、対象者に忘れず旅行に行ってもらえるという力もあるのです。

通常、旅行カタログギフトのデメリットとなる「使用期限」ですが、こういったケースにおいてはメリットに働く「強制力」へとなっています。

もちろん、各社がリリースする旅行カタログギフトによって、温泉地や観光地、現地で受けられるサービス、宿泊地、そして地域などさまざまな傾向があるため、贈る対象の方の趣味やお好みに合わせて選べば、より最適なギフトとなることでしょう。

★☆★ 旅行カタログギフトの活用シーン! ★☆★

旅行カタログギフトは最近の傾向として、3000~5000円の最低額から、5~10万円の最高額までの範囲内で、価格別に3~5種類のプランが用意されていることが多いようです。

そして、予算・価格帯を決めた上で、さらにそこから旅行プランの旅先や計画・スケジュールなどによって、贈る相手が好みそうな場所・プランを選んでいく、というスタイルになります。

リリースする企業の商品にもよりますが、大抵の旅行カタログギフトの場合、最高額プランのものを見れば、200~300点もの行先から選ぶことができるという充実ぶり。

贈り物を受けたお相手はもちろんですが、贈り主である購入者は価格帯ごとのバリエーションもあるため、相当の選択肢の旅行カタログギフトから選ぶことができます。

反対に言えば、選択肢が多すぎて、

「何となしにギフト会社のホームページを見ながらピンと来るものを探す」

……といった、気軽な見つけ方が出来にくいという点があるかもしれません。

旅行カタログギフトはを贈るお相手の趣味・お好み・傾向などをそれとなく聞きだしたり、割り出すことが必須となります。

それにより、最適な旅行カタログギフトはを贈ることができるのです。

ちなみに、「祖父への贈り物に関する意識調査」で18~59歳の男女を対象としたアンケート調査結果では、祖父が70~80歳などの節目の年齢のときに何か贈りたいか、と聞いたところ、

1位は「旅行・温泉」(58.2%)

2位は「レストランでの食事」(28. 9 %)

というリサーチ結果が出ています。

例えば、60代以上の男性は、若い頃はバリバリ働いてどこかに出かける暇もなく過ごした世代が多いため、旅行をプレゼントされると喜ぶ方も多いです。

のんびりご夫婦で温泉でも!…という贈り物が増えているのは、そんな理由からかもしれませんね。

他にも旅行カタログギフトは、さまざまなシーンで皆さん活用されてます。

新社会人になった息子が初任給を貰った時に今までの感謝を込めて。

友人の結婚式におよばれされたら結婚祝いの引き出物として。

結婚式2次会のビンゴの景品として。

出産内祝いにモノはいらないっていうので旅行カタログギフトはを。

両親の結婚記念日、銀婚式、金婚式、還暦祝い、退職祝いや節目の誕生日に。

祖父母の古希、喜寿、米寿、そして敬老の日のお祝いに。

年間行事としても、母の日や父の日に子ども一同から。

会社関係だお中元、お歳暮、忘年会の景品、送別会や定年退職にお疲れさまの気持ちを込めて。

こういった傾向に沿ってカタログギフトのサービスも、誕生した80年代より傾向が変わり、温泉旅行・レストランなどの食事サービスなどが増えている傾向にあるのです。

旅行カタログギフトには湯布院や草津、道後温泉など全国各地の温泉郷であったり、京都や奈良・熱海など有数の観光地とセットになったプランなど、多彩なプラン・コースが用意されています。

何より旅行カタログギフトをもらった人は、飛行機や鉄道などの移動手段、宿泊先の予約などの手配や手続きをする必要がなく、1本予約を入れるだけで旅行に出かけられるというお手軽さが良いところですね。

★☆★ お勧めの旅行カタログギフト ★☆★

旅行カタログギフトはいろんな会社から出ていて、JTBからは『ハーモニフト』と『たびもの撰華』という2つ出ています。

近畿日本ツーリストからも『ベストセレクション』と『ABIPRE -選べる旅の贈り物-』いう体験型カタログギフトが販売されています。

他にもリンベルからは宿だけ集めた『YADO Collection』も人気のようです。

そんな各社からリリースされている旅行カタログギフトの中で、私が最もお勧したいのが、エグゼタイムなんです。


■旅行カタログギフト【エグゼタイム】の口コミ


旅行カタログギフト「エグゼタイム」の口コミ
※出典:エグゼタイム
※口コミはあくまで個人の感想ですので、使用感や効果には個人差があります。


まずは旅行カタログギフト、エグゼタイムの評判を見てみることにしましょう。

口コミをご紹介しますので、どうぞ皆さんも参考にしてください。


 愛知県 主婦 50歳 女性

申し込みは1回の電話だけですみました。すごく簡単でした。

姪っ子の出産内祝いでいただいたカタログに、主人とよく「いつか行きたいね」と言ってた名旅館が掲載されており、即決。
電話をしたら、その場で希望の日程を予約してもらえました。
しかも近くのおいしいお店も紹介されて、なんだか2倍得した気分です。

 山口県 53歳 女性

カタログ写真が大きくて綺麗。選んでいるだけで楽しい!

子供から退職祝いのプレゼントに温泉旅行をすすめられました。
旅行カタログギフトは温泉旅館の写真が大きくて綺麗。
1ページ開くごとにウキウキ心が弾みました。説明も詳しく書いてあり、目的別や地域別にも選びやすかったです。
このカタログを参考に、また別の旅館にも行ってみたいと思っています。

 京都府 64歳 女性

娘、孫娘と初の3世代で出かけてきました。

旅行カタログギフトをいただき、温泉に行きたいけど今は独り身だしどうしたものかとしばらくそのままにしていたところ、娘から電話が入りました。
相談をしましたら「おもしろいじゃん!一緒に行こうよ!」と言ってくれ、孫娘、娘と一緒に出掛けることになりました。
初めての3世代旅行となりました。
ありがとうございました。

こういった口コミが寄せられている旅行カタログギフトだったら、きっと満足することができるはずですね。


■旅行カタログギフト【エグゼタイム】の詳細

では、旅行カタログギフトのエグゼタイムについて、詳しくご説明させて頂きます……

お勧めの旅行カタログギフト【エグゼタイム】の詳細…はコチラ


■menu■

  • 私がこの旅行カタログギフトを選んだ理由…お勧めですよ!
    還暦のお祝いにと両親に贈った旅行カタログギフトがとっても好評だったので、是非、皆さんにもご紹介したいと思います。 旅行カタログギフトを検討中の方は、どうぞ参考にしてください。 ◆◇◆ 還暦のお祝いを旅行カタログギフトに決めた理由! ◆◇◆ 毎年両親の誕生日には、お祝いとして服やお酒など、その年ごとにいろいろふさわしいプレゼントを贈っているんですね。

  • 旅行カタログギフトを貰ったら訪れてほしい有馬温泉
    旅行カタログギフトを貰ったら訪れてほしいところ…今回ご紹介するお勧めの旅行先は有馬温泉です。 関西の温泉で最も有名なのが兵庫の有馬温泉です。 日本最古級の歴史を持ち、現在でも多くの温泉ファンを魅了しています。 日本書紀にも記録がある温泉は、外国人観光客にも人気があります。

  • 今回ご紹介するお勧めの旅行先は京屋旅館です!
    今回ご紹介するお勧めの旅行先は京屋旅館です。 OL4人組で東海地方にある京屋旅館に、2泊3日で旅行に行ってきました。 愛知県名古屋市西区にある旅館で、名古屋駅から歩いて20分ぐらいの場所にあります。 西区にあるということで、昼間は名古屋城と、ノリタケの森に観光に出かけてみました。

  • 旅行カタログギフトを貰ったら訪れてほしい富山の宇奈月温泉
    旅行カタログギフトを貰ったら訪れてほしいところ…今回ご紹介するお勧めの旅行先は富山の宇奈月温泉です。 友達と週末に北陸へ旅行に行こうという話しになりました。 その友達とはよく旅行に行っているため、お互いに気を使わない関係です。 いつも旅行へ行くときはしっかりとした目的地や計画はないまま行きます。 車で行くことが多いので、道中で気になった場所へ寄るという形です。

■LINK■